先天的な脳の病|下肢静脈瘤の治療を受けるなら名医がいる病院を選ぼう

下肢静脈瘤の治療を受けるなら名医がいる病院を選ぼう

医者

先天的な脳の病

カウンセリング

血管の病変です

脳動静脈奇形は、生まれつき、脳の血管の形成に特徴があります。この特徴というのは、動脈と静脈が直接つながっていることです。先天的に脳の一部分の動脈と静脈がつながっているため、動脈の血液が静脈に流れ込んでしまう状態にあります。静脈に動脈の血液が流れると、血管を圧迫する力が強くなり、静脈の血圧が高くなります。そのため、血管が破裂したり、出血したりします。血管が破裂すると、脳出血やくも膜下出血が起こります。症状には、意識障害や失語症、吐き気、嘔吐、頭痛などがあります。また、突然けいれんを起こしたり、体の片側だけに麻痺が生じることもあります。そして、脳に十分な血液が行き渡らないことにより、脱力が起こります。

脳神経外科を受診

脳動静脈奇形は、20歳代から40歳代に多くみられる病気です。働き盛りといわれる年代での発症が多く、通勤時や勤務時間内に症状が現れることもあります。脳動静脈奇形が疑われる場合に、病院で受診する科は、脳神経外科です。脳動静脈奇形であるかどうかを詳しく検査したり、必要に応じて手術することもできるからです。脳の血管が破裂して出血した場合には、手術を行います。動脈と静脈がつながっている部分を取り除いたり、血腫を切除したりします。また、違う方法として、血管内手術をする方法もあります。血液が流れ込む動脈を詰めて、血液が動脈から静脈へ流れるのを防ぐ方法です。一方、血管が破裂していない場合は手術せず、経過を観察することもあります。