病気を予防する|下肢静脈瘤の治療を受けるなら名医がいる病院を選ぼう

下肢静脈瘤の治療を受けるなら名医がいる病院を選ぼう

医者

病気を予防する

医者

自覚症状が少ない

すい臓がんの特徴は、初期は痛みなどの症状がなく、自覚症状がないため、気づきにくいということです。軽い腹痛やみぞおちの痛み、背中などの痛みを感じる場合もありますが、痛みはすぐに治まる場合がほとんどなので、すぐに医療機関を訪れる人は少ない傾向があります。すい臓は、胃の裏側の背中に近い場所にあるので、背中とお腹の両方に痛みが出るのが特徴です。すい臓は、胃や十二指腸などと隣接しているため、転移しやすく、進行が早いという特徴があるため、発見した時には、かなり進行しているケースが多くなっています。すい臓がんは、すい臓そのものではなく、すい管にできる場合が多く、手術で取り除くのが難しい場所です。すい臓がんが、リンパやほかの臓器に転移している場合には、手術は困難なこともあります。

生活習慣を改善する

すい臓がんを、早期発見するためには、定期的に健康診断を受けることが大切です。すい臓がんの原因は、喫煙や肥満、飲酒などの生活習慣とされているので、禁煙したり、飲酒を控えるなどの、健康的な生活を送る工夫をすることで、すい臓がんを予防できるメリットがあります。アルコールを摂取すると、すい臓が炎症を起こすリスクが高まり、頻繁に炎症を起こすことによって、がん化しやすくなるため、飲酒を控えたり、量を減らすことが、すい臓がん予防に役立ちます。すい臓は、消化液やホルモンを分泌する器官で、肥満によって血糖値を抑えるホルモンの分泌が乱れると、すい臓の働きが低下するため、肥満にも注意が必要です。糖尿病になると、すい臓がんの発症リスクがあがることも知られています。